「太田家」の雑記

太田家で起こっている情報をひっそり配信。
<< 宏介は多忙(?) | main | 愛子さんコンサートのあとは北京へ >>
あわただしい一週間、宏介は?
3日、4日は大野城市の文化祭があって宏介は「ユリと花」を出展。私は3日に出かけたけど、宏介は行ったのかな?よくわからない。4日は宏介の姪と甥の七五三。最近なんにでも参加する宏介はこの日も「行く」と言いました。6日が恐怖の愛子さんのコンサート。この企画あまりちゃんと聞いてなかったけど、介護施設に入所中のおばあちゃんの誕生日のお祝いを兼ねるというもの。今月10日で91歳になります。11月になってやっと平年並みというか寒くなって愛子さんは風邪をひく。愛子さんは身体が丈夫なことに自信過剰でかなり無理する方。それとこの秋少雨だったのに、前日と当日の午前中はかなりの雨。愛子さんの風邪は最悪。日ごろの行いが悪い証拠。そんな状態で臨んだ晴れ舞台。定員270名(?)の会場はほぼ満席で一安心。愛子さんの仕事仲間、宏介の小中学校の時の担任の先生、おばあちゃんともども顔見知りの人など。歌は三部に分かれていて、一部がイタリアの歌曲(?)らしく愛子さんが苦労していたもの。風邪のこともありさすがに第一声はこっちが緊張したな。二部が練習中によく眠っていた近所の子供が起きてしまったという子守唄。あと唱歌でこの時におばあちゃんをステージにあげて一緒に「ふるさと」を歌うという企画。おばあちゃんは心配したけど、終始ごきげんでステージにあがる前の小声で知っている歌を口ずさんでいた。しかしたくさんの人にお世話になったな。介護タクシーの運転手さんは最初から最後まで聞いてくれて、自宅までおばあちゃんを送ってくれたし、ずっとおばあちゃんのお世話をしてくれた介護士の純子ちゃん。愛子さんは恵まれている。何はともあれ終わってやれやれです。疲れたので翌日おばあちゃんを送ってその足で鹿児島の温泉に行きます。宏介もコンサートをずいぶん楽しんだようだ。あわただしいなか終始マイペースの宏介でした。
| しんのすけ | - | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://news.ohta-kousuke.com/trackback/505638
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ