「太田家」の雑記

太田家で起こっている情報をひっそり配信。
アベノミクスってなに?
今日、太宰府の実家に行くと父親の長いブログの下書きがありました。
最近は母がブログに打ち込んでいましたが、やっぱり時間がかかるみたいなので、本日は宏介の兄が打ちます。


アベノミクスってごくごく普通に(まさにゴハンとかミカンとかビールと同じ名詞として)マスコミで使われる。
私、この言葉の成り立ちがわかっていないので、愛子さんから「アベノミクスって知ってる?」とか聞かれても、「知らん」と答えざるを得ない。
アベノ(安倍の)は安倍さんがトップになってから使うようになったから、「アベノ」は「安倍の」なんだろう。そうしたら「ミクス」ってなに?幸い意味がわからなくても日常困らない。
アベノミクスの使われ方を考えるとアベさんの経済政策みたいなものと思われる。
どうだろうか?ブツブツ。

ブツブツついでに高校のスポーツ報道にもブツブツ。高校野球・駅伝・ラグビー・サッカーなど報道されるよね!さかんに校名変更されて新校名で放送され聞いたことのない高校が記事になる。
これって困ることがある。
先日も高校ラグビーで聞いたことのない高校が優勝した。ボンヤリ「初出場、初優勝ってスゴイな」と思っていた。何かでその高校は以前の大工大高である事を知る。
この高校だったら常にシード校にで優勝候補に挙げられる名門校。
どうかお願い!
旧校名ともにアナウンスしたり書いてほしい。



上記が本日の父親の文章です。
ブログに「相変わらず難しい事を書くなー」と思いながらも、67歳でこれだけ書ければ、当分は元気でいてくれると思いますので、安心できますね!
| しんのすけ | | 17:38 | - | trackbacks(0) |
早いねぇもう12月
JUGEMテーマ:日記・一般


何度か書いたけど、土日や祝日は外出しないように心がけている。先月11月23日(金)が図書の返却日だった。この日は祝日、勤労感謝の日。働けることに感謝、そのご褒美のお休み。図書館行きを前日の木曜日とした。

図書館に行って観世音寺の紅葉を観る。我ながらいいプランだ。それに加えて愛子さんがプレゼントしてくれたフェルメール「真珠の首飾りの少女」(父の字が読みにくくてこのように書いてあるよう見えるんですけど、違ったらすいません  byブログ入力担当 宏介姉)の前売り券もある。これも12月2日までだから使いどき。

その秀はまとまった雨が降ったり急に寒くなったりしたけど、22日(木)は絶好の小春日和。ここでも日頃の行いの良さが表れる。

100円の太宰府コミュニティーバス「まほろば号」に載って最初に九州国立博物館へ。期待していたが今一つだったかな。必ずポストカードを2枚買う。前売り券やポスターになったのが一番人気だろうから、それは必ず買う。今回も少女ともう一種類「いいな」と思ったものを買う。1枚は私のため、もう1枚は東京在住のペンフレンドへ。天満宮の近くで昼食を購入。あろうことか、イカクンもカワハギもない。やむなくちくわ大を買う。これが後になって役に立つ。

図書館へ行く。例によってチャーミング娘と2分くらい雑談。そして観世音寺へ。やはりいちょうが黄色くなりとてもよかった。春は周辺の菜の花、蓮華草。秋はコスモス。晩秋にはこの紅葉。これから冬には何もなくてさびしいけど、古いお寺の風情があって、それはそれでやはり良い。この辺は惚れた弱みというかアバタもエクボの口かな。

今回の昼食はエビスビール500mlとシャケのおにぎりと例のちくわ。紅葉を観ながら飲んでいると、野良猫が接近してくる。「ネコネコ」と呼ぶ。3メートルまできたのでちくわを2メートルのところに投げてやる。食べたら1メートル下がって常に3メートルをキープ。何度か繰り返し「もうない」と言って別れた。

カレンダーがあと1枚となった。なんとこの1枚が宏介の点字カレンダーで、伊勢海老。記憶の良い方がおられて、もしかしたら覚えておられるかもしれないが、昨年KBCニュースピアという番組で宏介の特集をしてくれた。宏介は主役で愛子さん、松澤先生と私が脇役。脇役3人は順不同ではなくテレビに映った時間が長かった順。物事には常に理由がある。それから工房まるでの日常も紹介されていて、こんなやりとりが映し出された。

スタッフのI永さんや宏介に語りかける。「仕事がきてるんだけどいい?」「カレンダーに使われる絵やけん、伊勢海老を描いてほしいんよ」テレビのナレーション「いきなり輪郭を描く」とあって宏介の真剣な表情とカメラ目線のおどけた表情あり。

そのカレンダーが展示カレンダーとして私の左上にかかっている。この1年の宏介の活躍を振り返るにはもってこいの状況にある。
| しんのすけ | | 16:12 | - | trackbacks(0) |
祝再会 洛中洛北図(やっと最終回)
JUGEMテーマ:日記・一般


本日は24日(土)、世間では三連休の中日。よく土曜日が休みでない人も多いし、三連休だと騒ぐのは如何なものかとマスコミなど自粛する傾向がありそうだけど別にいいじゃないかな。宏介の工房まるも土曜日は出の日で月曜日が休み。365連休の私にはあまり関係のないお話でしたが・・・

東北の旅これでオシマイ。前回は新幹線が待っていてくれたところまでだった。新幹線は山形に着いた。山形ではとにかくタイトルがメインだったので15時頃着いたけど、何も予定はない。こんな時駅の観光案内所を訪ねてパンフレットをもらう。そして次の福島への移動の事を駅で調べておく。暗くなる前にチェックインしたいので、駅から歩いて一分の24階あるホテルの24階へいったん入る。しばらくして夕食の買い出し。今回は一階にコンビニがありサントリーモルツ500mlとイカクンとおにぎりとウーロン茶。そうそう寝酒用に日本酒も二合。この頃かなり飲酒量も復活してきて先ずはメデタイ。

朝起きて窓から外を見たらすごい公園がありここへ行こうと思った。イキアタリバッタリの最たるもの。行ったら山形城跡の公園で素晴らしかった。そういえば秋田でも城を見物し次の福島も会津若松城だけが観光予定なので、期せずして城めぐりの旅となった。山形城跡、担当のおばさんが熱心に説明してくれる。「あと2時間ぐらい時間があるけど、どこかいいところは?」と聞いたら隣接する山形郷土館と山形県立博物館を教えてくれた。「小学校の社会科見学みたいだな」と思いつつ行ったら現にうるさい小学生が社会科見学に来ていた。

山形郷土館は明治11年に県立病院として建築されたもの。熱心説明のおばさんが「過ぎた玄白の解体新書が見れるよ」と言っていたけど、見そびれた、少し残念。いい時間になったので、新幹線で福島へ移動。ここの観光予定は会津若松城のみ。例によって15時頃に観光案内所に飛び込み「お寺めぐり」を勧められる。お寺めぐりは三つのお寺だった。どのお寺でも「宏介がもう少し利口になりますように」のワンパターン。台湾、中国、北海道、東北、四国、太宰府天満宮、観世音寺。31歳になった宏介だけど、まだノビシロがある気がする。親ばかなのか?

翌日は朝から路線バスで会津若松城へ移動。幕末明治維新の一方の雄といっていいのかもしれないね、会津。あと歩いたけど、距離がかなりあった御薬園。名前の通り朝鮮人参の栽培に成功した会津松平氏庭園へ。このあと福岡直行便がある仙台空港へ。

福島がとっても東京に近い事を知ったり、やっと東北の位置関係が分かり始めたのは旅の終わりだった。
| しんのすけ | | 23:27 | - | trackbacks(0) |
祝再会 洛中洛北図
JUGEMテーマ:日記・一般


11月13日(火)温泉デー。本日は地元福岡の温泉。大橋から送迎バスに乗る。東北から1日(木)に帰ってきて、2〜4日、5日(月)は宏介の個展搬入日。個展そのものは楽しいし久しぶりに会える人とのおしゃべりもできてうれしいけど、搬入、搬出がね。家内工業みたいで疲れる。宏介の兄がサポートする初めての個展。他に仕事を持っているので、店番の中心はイヤでも定年退職後の前期高齢者の私となる。前述したように、イヤでもとは言葉のアヤで実際は楽しくやっている。宏介の兄のお嫁さんも店番する時があって、三歳になった孫のお守りを彼の友人である私がやった日もあった。博多駅までバス、博多駅から新幹線で博多南駅へ。博多南駅からバスで大橋へ。大橋から西鉄電車で天神へ。天神からバスで個展会場のある大名2丁目へ。長い時間かかったので、元気で機嫌よくあそんでいるところをご両親に確認してもらって、ギャラリーとパルコをバスで往復。4時間くらい過ごしたかな。ちょっと疲れた。

さてさてタイトル、タイトル。太宰府図書館から借りた東北案内の本には秋田空港から田沢湖まで行くバスがあるようになっていたけど、今は運行していない。古い本ではあったけど要注意ね。朝食付き一泊のホテルへ。ファミリーマートで500mlのサントリーモルツとおにぎりとイカクンを購入。翌日は武家屋敷で有名な角館へ。ここも紅葉がきれい。新幹線で山形へ移動。この新幹線でハプニング。米沢の一つ手前の駅に着こうとする頃車内アナウンス。仙台と○○間で電線の火事があり、米沢で停止しますとのこと。米沢で降り米沢で上杉博物館に行く。路線バスで電線は沿線との聞き間違いで、沿線の火事だということに気がつく。米沢でとまってくれてよかった。待望の洛中洛北図。もう一つのトラの方がより好きなんだけど、これはこれで感動ものだった。ちょっと涙が出た。高校野球なんか観ていても涙がでたりする。

博物館のお隣が上杉神社。さっそくお参り。「宏介がもう少しお利口になりますように』上杉神社では10円のみ。隣接している上杉ヨウ山の神社、ここにはあのジョンエフケネディも尊敬したというところだ。こちらの方が宏介のためには効果がありそうなので、50円にした。この神社でサントリーモルツ350mlとおにぎりをいただく。

新幹線で山形へ。ちょうど停車中の新幹線があと一分ででると駅員さん。切符を買う暇がないので乗車証明書をもらって飛び乗る。乗って驚いたのはこの新幹線は私が乗ってきた新幹線だった。つまり沿線の火事で停車を余儀なくされ一時間強待っていてくれた事になる。私の日頃の行い(愛子さん、宏介、ネコのポポを愛してやまない)の良さを物語るエピソードとなった。この項続く。
| しんのすけ | | 23:26 | - | trackbacks(0) |
祝再会 洛中洛外図
JUGEMテーマ:日記・一般


知る人ぞ知る我が全国制覇の旅、第三回。知らない人ぞに説明しますと、北海道と九州沖縄はたびたび(これは旅々とのカケコトバになっている)行っているので省いて、東北から中国、四国を観光シーズンオフの11月ごろに旅行するというもの。三泊四日のケチケチ旅。食事は朝食のみ。喜寿までには達成予定。東と西を交互に旅行する、だから最後は日本のへそ?岐阜ぐらいになるのかな。

第一回が宮城、岩手、青森。第二回が四国四県。今回は秋田、山形、福島。10月29日に福岡を発って11月1日福島から仙台に行き仙台から直行で夜21時15分ごろ福岡に着。旅行着のままたまっている新聞を取り寄せ、ある部分のみをムサボルようにして読んだ。ある部分は我が母校S高校が春の甲子園に行けるかどうか(ここを入力した瞬間、「またかよ(怒)!!」と頭にきました。しかもA4用紙びっしり甲子園のことを書いてあるので、割愛させていただきます。悪しからず。  by 入力する身にもなってもらいたい宏介姉)

とてもうれしいニュースだったので、随分書いてしまった高校野球。(本人は書いてもらってると思ってますが、実際ブログにアップされている文章は読まないのでご存知ありません。  by再度宏介姉)東北日本海側よくわからんので図書館で旅行本を借りてきて読む。山形に米沢あり、米沢ならあの名屏風画の「洛中洛外図」か「トラの屏風絵」があるはず。九州国立博物館のオープン時この二点が目玉品で前半と後半に展示される。この前売り券は持っていて、いつ行こうかと考えていたら、前半と後半の入れ替え日の一日だけ二点同時に観られる日を作ってくれた。感動したな。どちらかが米沢博物館にあり、もう一点は皇居博物館(もしかしたら美術館)にあるはず。これはぜひ観なくてはと勇んで東北へ。

図工が2だったけど、三泊四日の旅行のメインが「絵を観る」って凄いでしょ。図工と言うより社会の歴史なのかな。ちなみに社会は5だった。社会と国語は得意としていた。でも自慢にはならないね、これに英語が得意となると女学生だね。やはり時代は、男は理工系だな。ノーベル賞の喜びもあっと言う間だったけど、「日本の理系ここにあり」で素晴らしかった。でも内容はさっぱりわからないね。なんかこう理工系の人って別の人種にみえてくる。テレビや新聞などで受賞された研究の中身をできるだけわかりやすく説明してくれるけど、「わかろうとすること」そのものを放棄してしまう、私の頭は。

いざ東北米沢へ。飛行機はとりあえず東京へ。雪化粧した富士山がくっきり見えた。現物の富士山を観たのは生まれてはじめてかもしれない。

| しんのすけ | | 21:30 | - | trackbacks(0) |
太田侑希3歳 違いの分かる男
JUGEMテーマ:日記・一般


好評「梅ちゃん先生」の流れでNHK朝ドラを見ているけどひどいね。何かと騒がしくてあまりに現実離れしている。最初にドジなりオッチョコチョイなりを強調してそれを一日に15分週に5回、週末で一話完結のスタイルだけどかなりオーバーに表現するのは常道だろうけど、あまりにひどい。せめてホテル内を全力で走らないようにしてほしい。私だって「自閉の子太田宏介 これからもよろしく」を書いた時は私自身若いころはいかに無関心無頓着であったかを強調して今はこうなりましたにしたものね。でもでもこの朝ドラは・・・。私の愛読誌週刊BSも酷評していた。でも「三か月たつと少しは落ち着くかも」と書いてあった。私もそれを待つつもり。梅ちゃん先生は12時45分からの再放送もしっかり見ていた。朝見逃したり聞き逃したシーンはないかななんての思いでね。その点今回は再放送は見ないで済んでいるので楽と言えば楽。

先週は毎日外出していた。月、水は例のブツブツで皮膚科と内科へ。金は歯医者。今月2カ月分の「あなたがかかったであろう医療費」のハガキが二枚きた。私、愛子さん、宏介で2枚もね、申し訳ない。以前私が現役の時私、おばあちゃん、宏介である期間一度も病院にかからなかったので、体温計か何かをご褒美でもらった過去の栄光があったんだけどね。ブツブツは気が滅入るけど、カユミはない。その気晴らしに病院帰りには福ビル地下でそばを食べる。鳥南そばと玉子とじそばを交互にしている。

25日(木)長男の長男、つまり私の孫太田侑希の三回目の誕生祝いに呼ばれて愛子さんと出かけた。その前の日車を買い換えた愛子さん。しかし車種とか全く興味がないのでどこのなんて言う名前の車かわからないし聞きもしない。もうこの際免許を返上して車なしの生活になってもいいんだけどね。(たびたび出てきてすいません、宏介姉、ブログ入力担当です。車がない生活になり一番困るのは免許を持たない父だと思うんですけどね!!この一文を読みあまりにも頭にきたので母に即電話し報告しました。母ももちろんお怒りですが、それを露わにするわけでもなく落ち着いており、原文のまま入力していいよと申しました。母はすごいです!  byファックスに向かってキレまくる姉)

孫の誕生祝いにはお嫁さんのひいおばあちゃん、おばあちゃんも一緒。長男は土日が忙しくてこの木曜日なら休めそうなのでこの日にしたんだろうけど、仕事となり不在。侑希の誕生祝いは二回目だそう。一度目は長女とその子供たち(侑希のいとこ)が盛大にお祝いしてくれたらしい。三歳なのにかなり口が達者で、私はジイジイというより友達扱い、ご学友という立場かな。すごくフレンドリーです。楽しくつきあっているジイジイと侑希です。

明日から東北一人旅へ行ってきます。

| しんのすけ | | 10:28 | - | trackbacks(0) |
前回一行も書かなかった件
JUGEMテーマ:日記・一般


まだ発売終了まで日にちがあると20枚買うつもりのオータムジャンボ。大橋、下大利、近くのスーパーでも完売だった、残念。一等三億三千万、前後賞三千万という変わった賞金額が珍しかったのかな。前後賞ありの連番買いだったら三億九千万。私はいつもバラ買いなので、三億三千万円を目指す事になる。これもすでに60枚は買っておいたので、抽せん日が楽しみ。高額賞金が当たったら「回らない寿司屋で上ニギリを食べたい」

たいしたものが当たるわけでもないのに、お年玉付き年賀状の当たりを調べるのもとっても楽しみ。一月のイベントでは正月の次に楽しみ。お年玉付きでない年賀状が来ると心なしか粗雑になる。昼下がり年賀状を並べておもむろに調べる。0から9と下一桁別に分けて丹念に調べる。私は出すのも少ないし来るのも三人家族で一番少ないけどね。やはり愛子さんがダントツ。次に宏介。宏介は切手シートがよくあたる。おばあちゃんが言ってた。「宏ちゃんは欲がないからかえって当たりやすいんよ」とね。しかしながらおばあちゃん、今や宏介の食欲や購買欲(CD、DVD、本など)はすごいぜ。

イカンイカンこれだけ横道にそれるとイカンね。前回のタイトル火曜、晴れ、運動会。なにかすごく書きたいと思ったはずなのに、10日間空いたので忘れてしまった。

9月29日土曜日。沖縄に台風が来ていてそのせいでその日は少し雨が降った。日曜日の予報も雨で台風も近付くため安全策を取り火曜日に運動会は延期と保護者あてに一斉メールが送られたらしい。しかし日曜日は台風もそれ、曇りで日焼けの心配のない運動会日和となった。これで二年連続日曜日に運動会はなしとなる。

昨年の延期になった運動会は火曜日だったため温泉を優先したので行かずじまい。今年は温泉を水曜日にして見に行くことにした。今年は小六女の小学校最後の運動会、しかもオオトリの組体操では小五男と共演(?)をする。「同じ運動場で孫たち二人が組体操をしているのを同時に見れるジイサン」ってそんなに多くないはず。長女や孫たちにも来ることを言わずにおもむろにバスで出かける。

二週間おき木曜日に出かける図書館の近くから宇美営業所へ行くバスがあり、それに乗ってみたいと思っていた。サントリーモルツ500mlとイカクンをかって「いざ運動会へ」と思ったけど、あの小学校はアルコール禁止だったことを思い出した。こんなこと誰が決めたのかな。太宰治が言っている「富士山には月見草がよくにあう。運動会にはビールがよくにあう」ってね。校門の前10m付近で飲もうと思ったけど「大人げないかな」と思い直して私の心のふるさと観世音寺でまだちょっと早いコスモスを見ながらおいしく飲んだ。(思い直していただき本当によかったです。byブログ担当姉)

運動場で脅かしてやろうと思ってテントの後ろからのぞきこんだけど、孫どころか男か女かもわからないね、後ろからだと。なんせ180人の中から2人を探すのは至難の業。目を凝らしてみると小五男はわかった。スポーツ刈りの色黒が決め手。無事に組体操も終わり「小六女はここをあと半年で卒業するんだな』と少しジーンときた。
| しんのすけ | | 22:17 | - | trackbacks(0) |
火曜、晴れ、運動会
JUGEMテーマ:日記・一般


大阪、奈良に行って二週間たったけど、まだ余韻にひたっているというか思いだしてニッコリ笑ったりしている。帰ってすぐにお礼のはがきをと思った。そんな時に宏介のポストカードを使用する。作品集兇良住罎箸覆辰織侫薀錙璽櫂奪廚粒┐裏全体にあって、中央に切り抜いてありがとうの墨文字。表面に宏介が一行「楽しかったです」と書いてその横に私がありがとうの有難かった内容を書いて50円切手を貼ってポストに出す。随分重宝してるよ、このポストカード。

その旅行の三日目は奈良観光、最初に世界遺産平城宮跡に行った。広大な土地の真中を電車が頻繁に通る。もうすぐ三歳の孫(長男の子でバス電車を見たり乗ったりするのが大好き)をビールとイカクン付きで連れて行きたいと思った。その後に昼食。車で随分走ってナビが京都府に入りますと言った。その声を聞いて3分のところで薬膳レストランで昼食。出発する時から二連休の観光地での昼食を心配してたがちゃんと予約をしてくれていた。魚のあんかけ(?)を宏介が私の方へ渡し私は黙ってスープを宏介へ。こんなのも含めて楽しい。昼から東大寺へ。高校の修学旅行以来かな。ここに柱に穴があってそれをくぐりぬけるとどうにかこうにかなるっていう穴があるじゃない。あれを宏介は上手にくぐれたよと一緒のメンバーに言ったら「エーホント?」との声あり。半信半疑。嘘もいいとこ。だって宏介を三分の一にしてもどうだかわからない小さな穴だよ。現に若い夫婦が奥さんが押し込むようにして旦那さんが出口で迎え入れていた。小さな子が潜り抜けるようなもの。定番の鹿とたわむれる。随分前にさんまが吉永小百合ちゃんがこの鹿の糞を歌ったけど、あんまりヒットしなかったとおしゃべりしてたのを聞いた記憶あり。娘のイマルちゃんが質問に応えて「大竹しのぶネタの8割くらいは嘘」とか言っていた。

案内してくれた人が「大仏スイーツというのがあっておいしい」と言った。これに女性陣と若干疲れ気味の子どもたちが跳びつく。ここで土産を買ったりゆっくりしすぎたので、阿修羅像を観に行く時間がなくなる。ちょっと残念だけど「三つの顔と六本の手ってある意味グロテスクだ」と自分に言い聞かせて諦める。梅田の混雑の事も考えたりしたら薬師寺の五重塔を車中から観て新大阪駅に直行したのは正解。

今回も釜山にも一緒だったN君(彼は松澤先生のところと工房まるでも宏介と一緒)のお母さんと工房まるへのお土産がダブらないよう調整。宏介はおにぎり、私は例によってプレミアムモルツ500mlとイカクン。楽しくて有意義だった旅の終わり。

さんまがでてきたりしてタイトルには至らなかった。また次回にでも。
| しんのすけ | | 20:41 | - | trackbacks(0) |
大阪、奈良、ちょっとだけ京都
JUGEMテーマ:日記・一般


障害を持って生まれた宏介の父となり長い月日がたつが、いい事もたくさんある。宏介にかかわってくれた人たちが見事に「いい人」なんだね。私も自然にその「いい人」とお付き合いをさせてもらっている。

私自身は人付き合いがいい方ではない。「どうして携帯電話買わないの?」という問いに「だって電話番号を教えて何かやりとりをする人っていないもん」と応えて相手が「そうか」と納得してくれるぐらい。

それはさておき前回の大阪府堺市の件。以前韓国釜山に文化交流ということで行ったよね。その時大阪府堺市から特別に参加していただいた方と宏介の絵の先生との話の中で「やってみたい」と思っていたことの実現だったのが今回のイベント。堺市の障がい福祉サービス事業所(今回7事業所)から出店。お約束の松澤造形教室からの招待という形で宏介の作品を展示された。「それを観に行こう」という釜山メンバーと全く同じ9名。

初日20時15分に新大阪着。普通車とワゴン車とでの出迎えを受ける。大阪のよく歌にでてくる場所をちらちら眺めながら堺市のホテル着。迎えに来てくださったお二人の同じホテルに泊まってくれて、部屋でお酒の招待を受ける。

2日目、午前8時半ホテル出発。作品展会場着9時。10時開始なのにスタッフの方が来られてて作品の紹介をしてくれる。初めての試みなのによくまとめてあって感心した。その後はまさに修学旅行。天王寺公園に行き市立美術館をのぞくつもりだったが、時間がとれそうになくカトリック玉造教会へ。いろいろ案内を引き受けていただいた方(終始至れり尽くせりの接待を受けた)がメンバーにステンドグラスの大ファンという子がいるという情報を得ていて、この教会の大阪カテドラル聖マリア大聖堂のステンドグラスを案内してくれた。教会の入り口両端に細川バラシャ像とキリシタン大名○○右近像(ド忘れした)があった。次に無形文化財になっている大阪市中央公会堂に行き、ステンドグラス作品展を観て昼食。外で昼食にする場合何か腹の足しになるもの(コロッケとか)をとって生ビールを飲むのが昼食だけど、そうもいかずオムライスを頼んだ。抜群においしかった。「生ビールなしの昼食もいいな」と思った。

次に海遊館、これは宏介の作品集に魚の絵が多いからとのことだった。大きな水族館。宏介よりむしろ私の方がわくわく。大中小のクラゲがあんなにたくさんの種類いるのは驚き。

このアート展を中心になって企画実行された事業所を見学。マンション一階5部屋分借りていて立派な施設だった。夕食歓迎会、自己紹介をし楽しい二日目だった。

三日目奈良。今夜はここまでにしてこの項続くかどうかはその時の気分次第で。
| しんのすけ | | 22:51 | - | trackbacks(0) |
秋来ぬと目にはさやかに見えぬども・・・
JUGEMテーマ:日記・一般


大気が不安定ってよく天気予報で聞くよね。あれの実感は洗濯物の取り込み。少し空の様子がおかしい、でもまだ晴れ間もあるしと思ってノンビリ構えていると晴れ間もあるのに大粒の雨。慌てて洗濯物を取り入れるけど、すごい雨であと二時間もすると乾いてしまうであろう洗濯物がかなり濡れてしまっている。10分ぐらいでやむけどね。通り雨だろうけど、やたら激しい。キツネの嫁入り風の通り雨はいずこへ。

なんかのエッセイだったか、向田邦子さんが「昔の親は子供をよく脅かしたものだ」という意味の話を読んだことあり。この脅し、私にとっては扇風機ね。「扇風機をつけたままにしておくと死ぬよ」とおばあちゃんからよく脅かされた。タイトルの歌は風の音にぞ驚かれぬと続く。この歌人は風の音で秋を感じたと歌っている。私の場合秋を感じるのはつけっぱなしの扇風機だな。朝4時ぐらいに扇風機の風にヒンヤリを感じて死なないで目を覚ます。「秋だな」と起きて朝食まで本を読もうか、もうひと眠りするか迷う。

秋になった。スポーツの秋、私の場合鑑賞だけどね。ラグビーのトップリーグ開幕戦。九電対サニックス。トップリーグに昇格した九電の応援、ファンクラブの会員だからね。九電負けた。降格するかも、一年で。だってサニックスって昨年14チーム中の11位と弱いチームだからね。(この後も春の選抜高校野球のネタが大変長々と続いてますが、割愛させていただきました、悪しからず。  byブログ入力担当宏介姉)

あと芸術の秋でもあるね。福岡市美術館で「近代から現代へ 日本画の巨匠たち」を観に行くつもり。そうそう、私と宏介は9月21日(金)から23日(日)に大阪は堺市へ行くよ。新幹線でね。大阪で「りぶ・らぶ・らいふ・アート展」というのが開催される。主催社会福祉法人こだま福祉会。これをDMからそっくり引用すると

堺市にあるさまざまな障害福祉サービス事業所から数多く作品を出展。また松澤造形教室(福岡県)からの招待作品も展示しております。

と書いてある。松澤先生と4組の親子。以前に韓国釜山に行った時のメンバー。この時ご一緒した、そして大変お世話になった奈良在住の方に先生連絡とりあわれたようで、またまた大阪と奈良を案内してくれるんだって。その日程表を送ってもらったけど、「至れりつくせり」とはまさにこのこと。大恐縮、大感謝。秋の修学旅行みたいですごく楽しみ。

| しんのすけ | | 22:38 | - | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

このページの先頭へ